voice

「ワンマンとALBUMリリースへの想い」

背負ってしまえ。全部。

 

そう覚悟して自分の足で
歩み始めた15年前。

 

俺の全部を捧げ始めたレーベル、
NO GIMMICKは産声を上げた。

 

きっと背負う事でしか男は成長出来ない。
 

荷物も背負わずに隣を見て
批評してる人間には
絶対になりたくなかった。

 

何もないから、失うものが
ないから強いなんて違う。

 

失いたくない物を作り、育み、
それを絶対守り抜く魂が
ある人が一番強い。

 

命がけで守るものがある人間が
一番強いよ。

 

こんな小さな俺が、絶対に誇れる事が
たったひとつあるならば。

 

それはいつ何時でも逃げなかった事だ。

 

それだけだ。

 

そして今。

 

俺は、音楽で生き、得させてもらえた
この人生を心から
失いたくないと思ってる。

 

20年前より10年前、
そして今の方が断然強い。
感じるよ。
ちゃんとこの手にすべてがあると。

 

誰にも踊らされず。
 
色んなものを抱えながら生きている。

 

強くなれた。

 

それは紛れもなく。

手にしてきたものがとても大きく、
手離したくないものが愛おしいからだ。

 

守り抜く為にこの全部を捧げ賭ける。

 

 

音を奏でるなんて生易しいものではなく。
放ちながら生きてきた。

 

だから歌う。

 

だから燃える。

 

だから皆を愛せる。

 

そんな想いを5.24の会場に捧げます。

かかってこいよ。
 
愛すべきROCKジャンキーどもよ!

 

全部俺が受け止めてやるから。

 

OK?

 

そしてそれに伴い、
俺自身の今の全部を
込めまくった
新しいALBUMをリリースする!

 

絶対に後悔はさせねーぜっ!
ROCKだぜっ!

 

憤る事やつまづき、怒り、そして愛情。

 

そんなすべての瞬間が訪れた時、
俺のROCKは絶対に最高に輝くんだ!

 

証明したる!

 

頼むぜ!

 

鈴木慎一郎