voice

「あけましておめでとう!」

皆、ハッピーな年末年始を過ごせたかな?

 

さあ2015年!

 

どうしようもない情熱だけは
まだ確かにここにある。

 

すべて生かすも殺すも自分次第。

 

どれだけ最高の楽曲を作り出せるか?

 

どれだけ最高の歌を
ステージで届けられるか?

 

そんな事をこの体のど真ん中に置き。

今日が最後の日かも知れない。

 

いつもそう思いながら一歩ずつ。

 

今年、2015年という特別な一年を
大切に過ごそうと思うよ。

 

そう。特別な一年だ。

 

正直に言えば。

 

俺自身のシンガーとしての未来が
状況としてまだ残されているのか。

 

まだ道を照らす事が
状況として出来るのか。
可能なのか。

まだ行ける場所があるのか…。

 

音楽への情熱はしっかりと溢れる程ある。

 

でもそれとはまったく別の
問題提起を
し始めなければならない
予感も感じている。

 

ひとつひとつの物事を
しっかりと一年の中で
考えながら、
そして問いかけながら
歩む事になるであろうと思う。

 

そして、この一年の中で、とても大きな

 

「決意」と「決断」

をする事になると思う。

 

どうか皆!

 

愛する皆!

 

皆も後悔しない人生を。

 

悔いのない人生を歩んで下さい。

 

何かが終わる時。そして始まる時。

 

いつも晴れやかでさわやかな心持ちで
いられる人生を生きて下さい。

 

俺自身もそうやって生きてきたつもりだ。

 

それでもね、
後悔がないかな?悔いはないかな?って
チビチビ振り返ってしまう事もある。

 

自分自身で歩く事がこんなにも
消耗するのかって苦悩したり、
もう終わりかなって感じた事も
何度かある。

 

でも今この瞬間俺はまだ歌ってる。

 

その事にどんな意味があるのか。

 

それをこの手で解き明かしてゆく。

 

これから先はさらに大切に大切に
生きてゆきたいと思うんだ。

 

後悔なき様に!

 

全国のファンの皆に伝えたい。

 

今年も来年もその先もずっと…
続いてゆけばいいけれど、
そんな事は分からない。

 

実際はね。何回も何回も、
いつ終わってもおかしくない
状態はあったよ。

 

今こうしていれる事が
それこそ奇跡みたいに感じるくらいだ。

 

明日がある事こそ奇跡。

 

明日が途絶えるかも知れない恐怖。

 

歌う事がすべてだったこの俺は、
近年、そんな恐怖に押しつぶされそうに
なりながら立っている。

 

怖くて仕方がない時、
前が見えなくなった時、
いつも俺を押し動かしてきたのは
「立ち向かう心」だった。

 

だから。

 

俺の音楽を好きでいてくれる
全員の力と熱が今必要だ!

皆の熱をどうかください!

 

この20周年を終える時、
光に満ちている様に、熱を。

めいっぱいの魂をかかげるから。

 

皆の熱を背中に背負えば
乗り越えられる気がするんだ。

 

5月。

 

20周年記念のスペシャルワンマンが
決定した。

 

初めて一緒のステージに立つ事が出来る、
ロッカーとしての大先輩の
超スペシャルゲストも
俺の為に応援に駆けつけてくれます。

 

ギラつくROCKな魂を
はじけさせたいんだ!

 

全国の皆!この日だけは無理しても
駆けつけてくれよ!

 

二度とないLIVEだ!

 

そしてここで俺は今後についての
重大発表をしたいと考えている。

 

カラダも心もこの日が
絶頂であれる様に調整して、
その日を迎えようと思うよ。

 

あえて俺はもう…

 

いや…いいや。

 

己の中にある「疑問」も「恐怖」も
すべて切り殺すぐらいの
「何か」を取り戻したい!

 

これを読んでいる親愛なるオマエの魂と
俺の魂をひとつにしたい!

 

皆の健康と幸せを心から願いながら。

 

2015年1月9日

 

鈴木慎一郎