voice

「命日」

19で死んじまった大切なダチの命日だ。

 

俺はどうしても空けられない仕事があり、

前日一人会いに行ってきた。

 

あれからもうどれ程の月日が流れただろう。

 

あの日。

高速ぶっ飛ばして一瞬であの世にいっちまったオマエ。

 

オマエのむくんだ死顔を見た時から…

俺は生まれ変われたんだよ。

 

それまでのダメな自分を捨て、

夢に向かって痛いくらいに走り出せたんだよ。

 

絶対にプロになる。

時間は平等ではないから。必ずやる。

 

誓った。

 

そこからは何があっても

へこたれずここまで走ってこれた。

 

我ながら俺はしぶとくて強いよ。(笑)

オマエが見てくれているからかな。

 

どんな困難も。

どんな裏切りも。

どんな逆境も。

どんな悲しみも、

孤独も、寂しさも、挫折も…。

 

そのすべてを今までも蹴散らしてきた。

 

これからも真っ正面から叩き切ってやるよ。

 

会えて良かった。

 

同じ時間を過ごせて良かった。

 

だからもう少し、そっちから俺の背中をバチッと押せよ。

 

後押ししろよ。(笑)

 

いつかまたな。

 

同じB組の鈴木慎一郎より