voice

「感謝」

一生懸命やってもやっても。

精一杯やってもやっても…
痛みに耐えても耐えても…
報われない事だらけで。

無意味に感じる事だらけで。

日常は激しく弱さに襲い掛かる。

 

俺だけじゃない。

みんな必死に生きてる。

そう思いながら。

みんな何かを抱えながら
歯を食いしばってる。

 

それでも動揺と困惑と
悲しみと失望に

立ち止まってしまい、
どうしても動けない時もある。

強く見えても、とてももろく
壊れやすいものだってきっとある。

 

俺は「音楽」を授かった。
それだけでいい。
それを思い切り羽ばたかせたい。
それをどうまっとうすべきか。

実はそれが一番難しい事も
よく知っている。

 

いつも答えは自分の中にあるはず。

これから先の人生も。
一歩をためらわない
自分でいたいって思う。

 

新たな年が始まり、
今日誕生日を迎える事が出来た。

 

たくさんたくさんたっくさんのメッセージ、

本当にどうもありがとう。
全部が心に染みたよ。

感謝。感謝。サンキューな。

力強い気持ちになれた。

 

時に目の前が暗くても…。
最初は誰もが暗がりから始まったはずだ。

おかんのお腹にいた頃は
真っ暗だったはずだ。

少しくらいの闇は怖くないよ。

それなのに人間は贅沢ばかり言う。
おかしいね。

とにかく前へ出なきゃダメだ。

 

さあやるぜ。
2.9が迫る。

BLOODの激しさで生きる事を
楽しみたい。

 

皆!

一緒に走ってくれるかい?

会いにきてくれるかい?

この手につかまってくれるかい?

俺は皆に会いたくてたまらないよ。

誕生日にそんな事ばかり考えている。

素敵なバースデーだ。

ありがとう。すべてに。

かかってこいよ!バッチコイコイ。

 

P.S.実は何度も見た映像だったが、
ゆっくり映画館で大きな音で味わえた。

俺にとっては…
どうしてもやっぱり普通の存在ではない。

その辺は素直でいたい。

音楽に向かう姿勢。真っすぐさ。

影響を受けた。

 

けど今は俺は俺なりの歌を、
心の込もった歌、


ちゃんと作れている自信があるから。

さらにもっともっと
好きになれた気がする。

ずっと憧れのまま。

本当に安らかにゆっくり
眠って欲しいと願う。

 

数年前のカバーアルバムで一曲歌えた事、
本当に嬉しく思える。