voice

「BLOODプロジェクトの誇り」



ハロー!元気かい?

ホームページをリニューアルし、心機一転。

そして、NEW ALBUMのリリース決定!

その名も

I'M A ROCKER

言い切ったぜ!(笑)

ここ数年、様々な音楽提供をしてきた中で、
ロッカーと呼ばれる事に躊躇していたのが正直な気持ちなんだ。
そんな括りに納めないでくれ。
俺はただひたすら音楽家でありたいと。
いい曲を書くひとりの音楽家だと。

でも違うんだ。

ROCK!ロックンロール。

これは俺の中で音楽のジャンルではなく

生き様。生き恥。強く倒れず貫く事…

本気の人生をROCKする事

なのだと。

そういった意味じゃ、鈴木慎一郎はれっきとしたROCKERだと自分で心底思えた。

だから

I'M A ROCKER

だ。

俺はやりたい音楽を自分の中から全力で放ってきた。

これからもこの道が続く限り、どんな場面でもそれを貫き死んでゆくつもりだ。

売れる為の計算された音楽も素晴らしい

だが、大前提として
「自分は何を発したいか」
「何をリスナーと感じ合いたいか」

その強い想いがない音には興味がない。

想いなき音楽は売れていようが無価値だと思う。

だから、

ひとりでもたくさんの人達と、この想いを共にしてゆきたいという気持ちで長い間メロディーを紡いできた。

そこに心の迷いは一切ない。

I'M A ROCKER

新曲は今年初めから何十曲も作り、その中で自分の胸すら鷲掴みにする様な曲を7曲選びレコーディングしたんだ。
そして、過去の曲と闘わせる事を決めていた。
過去の7曲もすべてレコーディングし直し、歌入れをやり直した。

枯れるどころかこれからだぜ!って思える一枚になったし、リスナーの皆にもそう感じてもらえる作品になったと思う。

快心の一撃!って感じさ!

俺の楽曲には

絶対的な呼吸がある。

コンピューターを駆使し、その呼吸を遮る様なバカなマネはしない。

リアルにしか意味はない。

このALBUMはいろいろな意味で勝負。

勢いをもう一度取り戻したいと強く思う。

ROCK!ROCK!ROCK!しようぜ。

って気持ち。

レオパード着てさ、汗流して全身で歌うんだ!歌いたいんだ!

と思ってMVも作る事にした!

だけど実際はレオパードではなく

ゼブラーマンにした!(笑)

ゼブラSUZUKIになっちゃった!(笑)

躍動感と疾走感がBLOODプロジェクトの真骨頂だと思う。

それしかないALBUM、そしてMVになるはずだ。

皆も

日々の暮らしは忙しく
絶望は不意に訪れ…
そして、失望すら麻痺してしまう様な毎日かも知れない

そんな中で

今一度、音楽、ROCKの存在で立ち上がろう

DEAR MY FRIEND達よ!

俺はいつでも君の中にいたいし

君の為に歌を捧げる。

それしか俺の音楽をやる意味はない。

求め合い、愛し合うなら

必ずや未来は強く、そして晴れる。

またいつかステージで会いたい。

この最強の一枚が一人でも多くに届く事を願って…


鈴木慎一郎